ジェイホッパーズ京都ゲストハウス

  • 2012.03.02

自転車の上からこんにちは。
京都ゲストハウス総合案内所所長の吉田です。
と、こんな変な紹介になったのはなぜかといいますと、さきほど取材をした「花宿」さんからマネージャーの上野さんとともに「ジェイホッパーズ京都ゲストハウス」さんまで自転車で移動しているからです。

なので、こちらの記事をあわせて読んでいただくと流れがわかってよいかとおもいます。

さて、到着。前面がガラス張りのお宿です。

下駄箱が大きくとられています。


こちらは京都で最古の部類に入るゲストハウスです。

ウリは「ザ・バックパッカーの宿」だそうです。

こちらは一部屋あたりの大きさが系列の「花宿」のように大きくはなく、その代わりゆったりした時間をすごしてもらおうと共有スペースを広くとっているとのことです。


マネージャーの上野さん。花宿に続きましてありがとうございます。


もちこんこちらも外国人比率が高く、8割ほどは外国のお客さんが泊まられるそうです。チェックイン時には手作りマップをお渡ししているとのことです。


手作りの周辺マップです。詳しく情報が載っています。


また、シーツを自分で持ってあがるのも特徴だそうで、バックパッカーらしいでしょ?と上野さんが笑いながら謎の発言をされていました。


1Fの受付周りはこのような様子です。

TVには宿泊者たちの思い出の写真がスライドで流れています。

 

色んな言葉の本がありますよ。

 

受付前の様子


周辺の情報が沢山。


下駄箱の横に階段があります

そういったお話をしていて、大体「Hybrid Inn 京都花宿」さんと同じ感じなのかな?と思っていたのですが、ところがお部屋拝見のため階段を上がると圧倒の感動でした。


階段を上がります。


ほんの一部です。


写真が凄く多い!コンセプトはカオスですよ~とまた店長が面白いこといわれていましたが、この歴史は他にはないものですよ。と力強くおっしゃってました。
また、以前ここに泊まられていた日本人の方とフランス人の方が仲良くなって結婚して新婚旅行にこの宿に泊まりにきてくれたこともあるんです。と素敵なエピソードも頂戴しました。

2F廊下

 

左側のドアがトイレ

 

トイレ


2F浴室など

 

シャワールームとバス


シャワールーム

 

ユニットバス

 

洗面所


次は個人的におすすめの共有スペースです。

広いです。左にはキッチンがあります。


ゆっくりできますね。

 

キッチン。

 

炊飯ジャーの横には英語でお米の炊き方。


このお米の炊き方いいですね~って話してましたら、外国人の方でたまにカップラーメンを電子レンジで作ろうとされる方もいるとのことで驚きました。

世界地図と主要都市の時計がありました。

 

この地図はだれかが出身地を書き込み始めてからこんな状態になったそうです。

 

ギター発見


ちなみにギターは系列のどの宿にもおかれているそうで、これは社長のこだわりだそうです。(社長はひけないそうですが・・・)

HPにも載っているこの漫画は以前、宿直の方が書かれたそうです。クオリティかなり高いです。

こちら、スタッフの方で補充されているそうです。売れてると嬉しいですよ!っておっしゃってました。

更に上に登ります。

 

またもやこの写真

 

さて、一気に最上階のドミトリー見学です。


窓側から内側を

 

ベッドサイズ大きめです。

 

男性ドミトリーより。京都タワーまで見えます。


5Fにあるトリプルの部屋です。

 

再び写真!(もちろん廊下です)

 

歴史ですねぇ!


こういう構造しています。(避難経路より)


再び洗濯機等がある場所。

廊下を歩きながらの雑談です。
1Fには共有パソコンがあり、そのパソコンの順番待ちをしている間にスタッフと情報交換されることが昔は多かったそうですが、今は各自スマートフォンなどで情報を仕入れられるのでお客さんが聞きにこられることが少なくなったそうです。(もちろん全部屋無線LAN対応です)ネットも大事ですがスタッフでないと知らない情報もありますので、是非交流をもってみてください。


トイレです。

 

シャワールーム

 

洗濯機


そして1Fへ・・・

色々なお部屋みさせていただき、楽しいお話も頂戴し、ありがとうございました。
また、上野さんは京都ホステルネットワークという京都のゲストハウスのグループのサイトを担当しているとのことで、色々情報を教えていただきました。

長時間ありがとうございました!