らんたん

  • 2012.06.14

どうもみなさんお久しぶりです。所長の吉田です。
実に三ヶ月ぶりの更新です。
いや、さぼってたわけじゃないですよ、ほら、桜のシーズンってどの宿も忙しいですしね!
さぼってたわけじゃないんですよ(くどい)

これまで老舗から新しいゲストハウスさんまで色々と取材させていただきましたが、今回のゲストハウスさんは物凄く新しいです。

なんと2012年5月22日に開業したばかりのゲストハウス「らんたん」さんです!

外観

 

1Fはラーメン屋

 

この階段を上がります。


最初一瞬迷いました。ゲストハウスは2Fです。両方とも開店祝いの花があったので一瞬わかりませんでした。

入口玄関

 

階段の向こう側がカウンターです。


気さくなオーナーです。<br>取材後、作務衣を買いに行くといわれていました。


では早速お話を聞かせていただきましょう!!

ゲストハウスのオーナーはバックパッカーをされていて、その延長でゲストハウスをされる方が多いのですが、

こちらのオーナーの場合、バックパッカーでいい経験はなかったそうです。不特定多数の方と宿泊したときにあまりよくない経験もされたとか。
(これはオーナーに聞いてみてください。)

ただ海外とのつながりはオーナー自身が外国で働いていた経験から深く、国際感覚をお持ちです。

そんなオーナーが何故、京都のこの場所でゲストハウスを開業することになったかですが、

もともと地元は京都の銀閣寺近辺だったとの事でかねてから京都で仕事がしたいと思っていたところに実家から戻ってきたらどうかと話があったそうです。

そして中国・台湾に沢山友人がおられ、そういった方に遊びに来てもらう時に泊まる宿を提供したい!こういった思いからスタートされたそうです。

アクセスのよさを考えたとき、京都駅から近いこの場所に物件が見つかりこの地にされたとのこと。

そんな「らんたん」さんのウリは部屋の種類が多く、出来立てで綺麗であるとのことです。

確かに部屋のスペースが一つずつゆったりとられ、共有スペースもしっかり設けられている印象です。

この設立の経緯からもわかるようにターゲットはアジア(台湾・シンガポール・香港)や家族連れだそうです。

何せオーナー自身が中国語が堪能とのことですので。

また西本願寺にも近いので西本願寺で法要のあるときに簡単に使っていただければとも言われていました。

またこのような立地から結構予約なしゲストハウス見つけたから来てみた。とこられる方もおられるそうです。(極力予約はお願いします。。。)

オーナーはざっくばらん、気楽に過ごしてもらえるようにをコンセプトにされていて写真のように普段着で接客をされているのですが、次のような出来事があったので、明日からは作務衣にされるそうです。

何故かと言うと、普段着が作務衣のお客さんが泊まられていて、オーナーもそばにいたのに他のお客さんが、その方に質問をされたそうです。それをみてさすがにオーナーとわかる格好をしたほうがいいなぁと感じられたそうです。

ですので、普段着オーナーはこれで見納めですね!

それではお部屋の拝見をさせていただきましょう。

カウンター横の共用スペース。なんと掘りごたつが可動式なのです!!

共用スペースの床の間

 

かわいらしい切絵が障子に貼ってありました。

お話を聞かせていただいたこの共用スペースは料理も出来ますよ。

共用キッチンの反対側にトイレとシャワールーム

シャワールーム

 

トイレ


キッチンです。近隣には食べるところも多いので、あまり使う方はおられないとの事。

続きまして階段の反対側にある、最もおすすめの和スイートです。

和スイート1

 

和スイート2

 

和スイート3


外も見れますよ。

 

そっと置いてあるこういうのいいですよね。

 

実はこれ結構お金かかっているそうです。


階段を上がります。


4Fはドミトリーの階です。

4Fの共用部分です。

女性用ドミトリーです。

 

化粧台もありますよ。


女性ドミトリーからの風景です。京都タワーが見えます。

 

向こう側に小さく見えるのが東寺です。


ドミトリー階の洗面所。

 

洗濯機と乾燥機もあります。

 

湯船もありますよ!


続きまして同じ階にある男性ドミトリーです。

男性ドミトリー1

 

男性ドミトリーの化粧台

 

男性ドミトリーから外を見てます。西本願寺ですね。


それでは最後に2Fの入口のご案内です。

和室個室です。

和室個室


最後に!
このタイプは初めてです!

和ドミトリー1

 

和ドミトリー2

 

和ドミトリーにあるらんたん


こんな感じで笑顔のオーナーが応対してくれますよ!

予定時間を結構過ぎてですが楽しくお話させていただきました。
まだ出来立ての宿ですが、すでに宿やオーナーのファンになられる方も多いようですよ!

ありがとうございました!